6単語英会話プレゼンターとは


たった6単語の、英会話教室。今日からサクサク話せるようになる。

英語人へ最短経路。執筆・発行:祐樹せつらとしてメールマガジン発行を始めたのは、2004年7月26日のことでした。

出だしはこうだ。「英会話の労力や時間を、ムダにしないように。

たったの6単語の英会話で、あなたの英会話力を、あなたの資格の成績を、ドンドン伸ばしましょう。今から使える「6単語英会話文」を、ワンポイントで解説します。」

目次は、・今週の覚えられる「6単語英会話文」解説、・祐樹のプチ日記・メルマガ紹介。メルマガ紹介では、「Love&Love英語で、メキメキ上達」さんと『英語で映画を斬る!』さんを紹介していた。

これって、英語でどういうの?6単語で言えますか?外国の友人ができたときに頻繁に用いる言葉。それは、What's the English for this?[ ワッツザイングリッシュ フォーディス。]なんだよね。

この会話文のポイントは、HowではなくWhatを使っていること。日本語だと「どのように表現する?」と聞きたくとも、本当は「意味を知りたい」わけだから、Whatを使うわけです。

Howを使うと、通じないか、発音の解説をされるかもしれません(笑)「What's the English for this?」。一度覚えると相当使える英文です。

是非今日中に覚えよう。他の言い方として、What do you call this in English?もありです。でも、How do you call...とするとやっぱり通じない。

 

六単(6単語英会話)からのお薦め


 

英会話力をカンタンに身につける最強通信制講座

英語はむずかしくても英会話ならカンタンです。そのヒミツは、英語の魔法使いになることだった!たった6単語で英会話ができる感動の嵐をアナタも体験してみませんか?ウケも狙える講座は、世界中探してもコレだけ。スピーキング力もリスニング力もオールマイティに解決します。お笑いも兼ねた最強講座であなたが変わる!ご注文は今すぐ。気軽に楽しくです。

祐樹式リスニング戦略ラーニング講座

伝説の3日間集中セミナーがマニュアル化してついに登場!今回の講座は、じつにたった半年間で日常英会話を聴き取るリスニング力を身につける、世界初の画期的な戦略講座になります。字幕なしで映画を楽しむ?余裕です。ご注文は今すぐ。急ぐ理由があります。

TOEICにあくまでこだわる方に。これが良かったです

TOEICは車の免許試験と同じで、英会話力とは関連ありません。本書には、テクニックでスコアを稼ぐ荒業が載っています。得点が欲しいだけならこれで充分。ご注文は今すぐこちらまで
 

前後リンク


次: なぜ英会話が6単語でできるのか?