毎日少しずつ覚える英語とは


『アメリカで日常的によく使われる表現、わかっていたようで意外と知らなかった、というような事柄を中心に少しずつ覚えます。』シンプルさ、というよりゼイ肉をそぎ落とした、という表現でしょうか。

読みやすさは類を見ない、ムダを一切省いた、現地発信メルマガです。日刊ですので、ちょうど読みやすい長さだと思います。

毎日長いメルマガは、ちょっと読んでいてきついですもんね。有料マガジンも発刊されていますので一緒にご紹介。

『容赦ない英語聞き取り講座 from USA』『ここで取り上げる英語はわざとらしいシナリオのテキストやCD,テープの教材ではありません。題材はアメリカのNPR (National Public Radio)の人気ラジオ番組Car Talk より取り上げます。生の英語を聞き取れるようになりたい人のための講座です。』

ご試食ください。スーパーマーケットの食品売り場で使われるよ。

「4単語で」言えるかな?Taste it for free.[ テイスティット フォーフリー。」この会話文がなぜ重要か?この会話文のポイントは、for freeです。

ものすごく使われます。「フォーフリー」が来たら大抵は「無料」と考えて正解でしょう。

ところが、ヒアリング試験でこの「フォーフリー」と聞くと、「自由」を連想する人がなんといることか。for freeは「自由」ではありません。

「無料」なのです。「自由」というときは、freedomが使われます。

 

六単(6単語英会話)からのお薦め


 

英会話力をカンタンに身につける最強通信制講座

英語はむずかしくても英会話ならカンタンです。そのヒミツは、英語の魔法使いになることだった!たった6単語で英会話ができる感動の嵐をアナタも体験してみませんか?ウケも狙える講座は、世界中探してもコレだけ。スピーキング力もリスニング力もオールマイティに解決します。お笑いも兼ねた最強講座であなたが変わる!ご注文は今すぐ。気軽に楽しくです。

祐樹式リスニング戦略ラーニング講座

伝説の3日間集中セミナーがマニュアル化してついに登場!今回の講座は、じつにたった半年間で日常英会話を聴き取るリスニング力を身につける、世界初の画期的な戦略講座になります。字幕なしで映画を楽しむ?余裕です。ご注文は今すぐ。急ぐ理由があります。

TOEICにあくまでこだわる方に。これが良かったです

TOEICは車の免許試験と同じで、英会話力とは関連ありません。本書には、テクニックでスコアを稼ぐ荒業が載っています。得点が欲しいだけならこれで充分。ご注文は今すぐこちらまで
 

前後リンク


次: なぜ英会話が6単語でできるのか?