短くて、分かりやすくて、よく使われる言葉を使うこととは


気持ちを伝えるために、一番いい方法は「短くて、分かりやすくて、よく使われる言葉を使うこと」なんだ。だって、よく考えてみてよ。

ただでさえ発音がへたくそなボクたちが、長文をしゃべったって通じないことのほうが多いに決まってるじゃない。しかも、その長文が「使われない」長文だったら、もはやダメだし。

それで、多くの日本人が、挫折していきました。残念です。

そうじゃないそうじゃない。確率で考えよう。

どうやれば、伝わりやすい「確率」を上げることができるのか。一番いい方法は「短くて、分かりやすくて、よく使われる言葉を使うこと」でしょ。

短ければ、発音だって間違っても伝わるし。伝われば、使い方が間違ってても、「なんとなく」理解してもらえるよ。

はっきりいうと、6単語以上の会話文を使ったときと、6単語以内の会話文を重ねて使ったときを比べると、「意味わかんない」と言われる確率は圧倒的に違います。

まずは、「意味わかんない」を言わせないようにしよう。この考え方は、たぶん今までの日本の英語教育を覆す考え方だと思います。

まさに非常識。だけど、これは世界の常識なのです。

たとえば意見したいとき。「キミに、ちょっと言いたいことがある。」6単語で言えるかな?

 

六単(6単語英会話)からのお薦め


 

英会話力をカンタンに身につける最強通信制講座

英語はむずかしくても英会話ならカンタンです。そのヒミツは、英語の魔法使いになることだった!たった6単語で英会話ができる感動の嵐をアナタも体験してみませんか?ウケも狙える講座は、世界中探してもコレだけ。スピーキング力もリスニング力もオールマイティに解決します。お笑いも兼ねた最強講座であなたが変わる!ご注文は今すぐ。気軽に楽しくです。

祐樹式リスニング戦略ラーニング講座

伝説の3日間集中セミナーがマニュアル化してついに登場!今回の講座は、じつにたった半年間で日常英会話を聴き取るリスニング力を身につける、世界初の画期的な戦略講座になります。字幕なしで映画を楽しむ?余裕です。ご注文は今すぐ。急ぐ理由があります。

TOEICにあくまでこだわる方に。これが良かったです

TOEICは車の免許試験と同じで、英会話力とは関連ありません。本書には、テクニックでスコアを稼ぐ荒業が載っています。得点が欲しいだけならこれで充分。ご注文は今すぐこちらまで
 

前後リンク


次: なぜ英会話が6単語でできるのか?