変換速度を早めるコツ、その理由


日本語から英語への変換を早めるコツ。それは、変換をしないということです。

ボクの先輩で、ボクより英語をぺらぺらしゃべる人がいます。外国で講演できるぐらいの人ね。

彼女も、「日本語から英語に直す」派だそうです。ただ、その変換速度が早いんですよ。

そんな人はね、ボクもそうだけど、いちいち文法など気にしない。カンタンな例を出すと、「いいかげんにしろよ」⇒「Give me a break」と一発変換される。

だから早い。一発変換に最適なのはもちろん6単。

理由は短いし使いまわしができるからだ。これを基本的にしっかり覚えるところから英会話への挑戦が始まる。

関西人で思い出した。ボクは一つ特技があるのです。

特技というか、習性ですかね。仮に、ボクの左には関西人の友達がいて、ボクの右には関東人の友達がいるとしましょうか。

するとボクは左を向くと関西弁、右を向くと標準語を使ってるんですね。自然に。

みんなにいつも笑われる習性なんですが。これ、変換速度と同じ話なんですよ。

文法なんか気にしてないんですよ。「なんでやねん」が、関東人の顔みたら「なんでだよ!」に自然になるだけなんですよ。

是非みなさん、関西弁を覚えてみてはいかがでしょう。英語習得の鍵になるかもしれません。

しょせん、言葉に変わりはないんだしね。
 

 

六単(6単語英会話)からのお薦め


 

英会話力をカンタンに身につける最強通信制講座

英語はむずかしくても英会話ならカンタンです。そのヒミツは、英語の魔法使いになることだった!たった6単語で英会話ができる感動の嵐をアナタも体験してみませんか?ウケも狙える講座は、世界中探してもコレだけ。スピーキング力もリスニング力もオールマイティに解決します。お笑いも兼ねた最強講座であなたが変わる!ご注文は今すぐ。気軽に楽しくです。

祐樹式リスニング戦略ラーニング講座

伝説の3日間集中セミナーがマニュアル化してついに登場!今回の講座は、じつにたった半年間で日常英会話を聴き取るリスニング力を身につける、世界初の画期的な戦略講座になります。字幕なしで映画を楽しむ?余裕です。ご注文は今すぐ。急ぐ理由があります。

TOEICにあくまでこだわる方に。これが良かったです

TOEICは車の免許試験と同じで、英会話力とは関連ありません。本書には、テクニックでスコアを稼ぐ荒業が載っています。得点が欲しいだけならこれで充分。ご注文は今すぐこちらまで
 

前後リンク


次: なぜ英会話が6単語でできるのか?