自虐的な姿勢は感動を呼ぶ、その理由


バレリーナという職業をボクは尊敬しています。姿勢を保ちつづけるための鍛錬と過酷なまでの精神力。

普段の食事制限。誰も言ってくれなくても自分で黙々とこなす、その職人的で自虐的な姿勢に心打たれるものがあるのです。自分に強くなければ、何をやってもうまくいかない。

そう感じました。自分に強くなければ。

自分に強くなければ。最強のライバルは自分、という言葉ありますけど本当そうなんですよね。

特に自分って以外と自分で分からない。客観的じゃないからね。

だから見えないというハンデもあって、確かに強敵なんです。自分が自分(の意志)に負けたことも、気付きにくいから。

「これ、欲しいんですけど。」(4単語で言ってみよう。)I'd like this one.[ アイドライク ディスワン。」

この会話文がなぜ重要か?この会話文のポイントは、I'd likeです。これね、wantの上品版なんだよね。

というわけで、初対面の人には、I wantより I'd likeを使ったほうがいいんだ。ちょっと昔話を。

ある日、高校の図書館に本を借りに行ったんですけどね。「この本がほしい!」と思って、「I want this book!」と言ったんですよ。

そしたら「wantは使わないでね」諭されるように言われてしまったことがある。血気盛んだったボクはもちろん反発しましたが。

「I wanna this book, damn it!」と言ったのです。

 

六単(6単語英会話)からのお薦め


 

英会話力をカンタンに身につける最強通信制講座

英語はむずかしくても英会話ならカンタンです。そのヒミツは、英語の魔法使いになることだった!たった6単語で英会話ができる感動の嵐をアナタも体験してみませんか?ウケも狙える講座は、世界中探してもコレだけ。スピーキング力もリスニング力もオールマイティに解決します。お笑いも兼ねた最強講座であなたが変わる!ご注文は今すぐ。気軽に楽しくです。

祐樹式リスニング戦略ラーニング講座

伝説の3日間集中セミナーがマニュアル化してついに登場!今回の講座は、じつにたった半年間で日常英会話を聴き取るリスニング力を身につける、世界初の画期的な戦略講座になります。字幕なしで映画を楽しむ?余裕です。ご注文は今すぐ。急ぐ理由があります。

TOEICにあくまでこだわる方に。これが良かったです

TOEICは車の免許試験と同じで、英会話力とは関連ありません。本書には、テクニックでスコアを稼ぐ荒業が載っています。得点が欲しいだけならこれで充分。ご注文は今すぐこちらまで
 

前後リンク


次: なぜ英会話が6単語でできるのか?