「飲む」と聞いて、「drink」(ドリンク)を思い浮かべた人も多いと思う、その理由


「飲む」と聞いて、「drink」(ドリンク)を思い浮かべた人も多いと思う。だけど、やめとこう。haveでいいです。なぜならhaveというのは、とても丁寧な言葉なんだよ。

どうせなら、丁寧な言葉を使いたいじゃない?それにdrinkは、「酒を飲む」という意味になる。だから、もし「milk」の発音が相手に通じなかったら、「酒を飲もうよ?」ということになるんだよね。そんなリスクを負うぐらいなら、素直にhaveを使おう。milk(牛乳)を、「ミルク」と言っちゃうとこれがまた通じない(笑)日本人が、大抵ひっかかる「Lの発音」。まさに代表例なんだよね。

カタカナでは完全には表現しきれない。無理です。言語だもん。だから、ちゃんと例を聞いてほしい。カタカナは、あくまで参考。ちゃんと、聞くこと。といってもね。聞いて聞いて聞きまくって、それで終わりじゃぁだめだよ。聞いてマネて聞いてマネて… としないとね。

なんといっても日本人はマネるのがトクイ!是非、本場の発音をマネてほしい。これは、いろいろ揶揄(やゆ)もされてるけど、日本人のすばらしい特技だと思う。学ぶの語源は真似ぶ。自分のオリジナリティになるように参考として真似よう。ただ、そのまま使うのは「パクリ」と言われて違法なので(著作権法)注意。最近は刑も重いよ。

 

六単(6単語英会話)からのお薦め


 

英会話力をカンタンに身につける最強通信制講座

英語はむずかしくても英会話ならカンタンです。そのヒミツは、英語の魔法使いになることだった!たった6単語で英会話ができる感動の嵐をアナタも体験してみませんか?ウケも狙える講座は、世界中探してもコレだけ。スピーキング力もリスニング力もオールマイティに解決します。お笑いも兼ねた最強講座であなたが変わる!ご注文は今すぐ。気軽に楽しくです。

祐樹式リスニング戦略ラーニング講座

伝説の3日間集中セミナーがマニュアル化してついに登場!今回の講座は、じつにたった半年間で日常英会話を聴き取るリスニング力を身につける、世界初の画期的な戦略講座になります。字幕なしで映画を楽しむ?余裕です。ご注文は今すぐ。急ぐ理由があります。

TOEICにあくまでこだわる方に。これが良かったです

TOEICは車の免許試験と同じで、英会話力とは関連ありません。本書には、テクニックでスコアを稼ぐ荒業が載っています。得点が欲しいだけならこれで充分。ご注文は今すぐこちらまで
 

前後リンク


次: なぜ英会話が6単語でできるのか?